ロスカットとは

株とFXの大きな違いとして、FXは元本保証ではない、というのがあります。 簡単に言えば、株は、ゼロにはなることはあってもマイナスにはなりませんが、FXはマイナスになってしまうことがあるのです。 なので、FXをする場合はこの点を注意する必要があるのです。 元本保証ではないので、相場が変動した場合、もちろん大きな利益を得ることもできるのですが、反対に大きな損失が出てしまうことがあるのです。 その損失が大きくなるのを防ぐために行うこと、それがロスカットです。 もちろん、FXはたくさんの利益を出すことも可能です。 ですが、四六時中動向を見ていることはできません。 なので、見ていない間にもしかしたら損失が出てしまうことだって可能性としてはあるのです。 とはいえ、FXで損失が出た場合、もう少し頑張ってみれば、様子を見てみればもしかしたら回復するかもしれないと思ってタイミングを逃してしまい、より一層損失を出してしまう可能性が出てきます。 ですがロスカットを行うことによって、ずるずるとタイミングを逃して損失が膨らんでいってしまう、ということを防ぐことができます。 ちなみに、人間の心情としてロスカットは避けたいと思ってしまいがちのところも実はあるのですが、どれだけ待っていても利益が出るという保証はありません。 なのでロスカットを躊躇しているよりは、自分でルールを決めてその通りに動くほうが損失を最小限に防げる可能性も出てきます。